社員の独り言

小原木材ってどんな会社?どんな人が働いてるの?このページでは、小原木材スタッフによる日々の出来事などを紹介しています。

最近の独り言
過去の独り言
あの人の独り言

消火栓の蓋

弊社の前にある道路が綺麗に舗装されており、消火栓の蓋が設置されています。

岡崎市内で2022年4月以降に順次リニューアルされていった消火栓蓋が、中々可愛らしいデザインとなっています。こちらの消火栓蓋は、岡崎市消防本部のマスコットキャラクター「レッサーくん」を活用し、「花火」と大河ドラマにも出てきた「岡崎城」があしらわれています。

私は歩いて通勤しているのですが、この消火栓蓋を見ると気持ちがほっこりします。

ただ、歩道が狭く車がすぐ近くを通りますので、ご覧になる際はご注意ください。


石川(暢)さん

犬と歩けば飲み物がもらえる

私は、朝夕の犬の散歩や仕事などで、一日15000歩前後歩きます。そこでスマートフォンの歩数計アプリをいくつか利用しています。そのうちの一つは、目標歩数に達するとスタンプがもらえ、そのスタンプが貯まると自動販売機の飲み物のチケットと交換できるのです。アプリを開いて対応している自動販売機に近づくと、スマホの画面にその自動販売機の飲み物メニューが表示され、スマホの画面をタッチすると、自動販売機から飲み物が出てきます。数か月に一度程度のことですが、その度にすごいなーと驚いてしまいます。
(画像は「AIいらすとや」による“スマホを使って自動販売機で飲み物を買う男性”です。)


岩月さん

どんぐりが発芽して育ってます。

樹種はコナラ等ですが、昨年秋に額田の岡崎東インター近くの公園でどんぐりを拾って来ました。
虫にすぐ食べられてしまうので、せっかく拾って来ても3割ほどは捨てることになってしまいます。
元気などんぐりだけを一旦大きな木箱の苗床で育て、ある程度発芽したものをポットに移植しますが、その中でも成長しないどんぐりが2~3割あります。ですから拾って来たどんぐりの内、現在は5割ほどが成長を続けています。
11月3日の天使の森植樹祭まで大事に育てていきますので、楽しみにお待ちください。


斉藤さん

熱中症予防

熱中症に注意が必要な日が続いています。
予防として、こまめな水分補給と塩分補給ができるよう、
会社の休憩室にスポーツドリンクと塩飴を用意しています。
無くならないよう1日1回は確認して補充をしていますので皆さんご利用ください。


新実(克)さん

ドクダミ

社内の花だんにドクダミがたくさん咲いていました。

子どもの頃は、ドクダミのあの特有な臭いがイヤで嫌いな植物でした。

しかし、今となってはなぜかあの白い花がとても清楚でウェディングドレスのレースの模様を感じさせるほどお気に入りの草花になっています。

現在放送されているNHKの朝ドラのモデルとなった牧野富太郎さんもそんなふうに1つ1つの草花たちを見ていたのでしょうか?


鈴木(さ)さん

初めての東本願寺

先日、町内の知人から「東本願寺へ行ってみないか」との誘いを頂き初めてなので、行ってみることにしました。

京都へは小学校の修学旅行から始まり、何回も行きましたが、東本願寺は初めてです。

西本願寺の前を通り左に曲がってすぐのところに東本願寺がありました。

観光バスの駐車場のすぐ左側に来観者を出迎えるように御影堂門(ごえいどうもん)があります。私はその荘厳さと美しさに圧倒されました。そしてその御門をくぐった正面に本堂ともいうべき御影堂があります。今度はそのスケールに感銘を受けました。高さ38m、正面76m、側面58m、畳は927枚敷かれており、その規模は木造建築物としては世界最大級とのことです。

そんな御影堂をスマホで撮影しようとしましたが、天気が良すぎてその屋根の照り返しが

激しくシャッターが押せませんでした。まるで簡単には撮らせないぞといった威風堂々とした趣きがあります。

今年は親鸞聖人の生誕850年法要が営まれており全国から来観者が来てみえました。

別館の中では落語家による落語があったり、僧侶の皆さんによるお経の合唱など色々な催しが行われていました。

この催しを誘っていただいたかたにお礼を申し上げ久しぶりに感動した一日を過ごしました。


阿部さん

春の花咲く季節

4月は年度の始まりであり、入学就職など人生の転機を迎えるイベントが多い時期です。多くの花が咲き、気候は温暖なため、だんだんと過ごしやすい季節となってきました。

突然ですが、「羽目板(はめいた)」という言葉を聞いたことはありますでしょうか。

建築関係にお勤めの方はご存じかと思いますが、初めて聞くという方も多いかもしれません。最近ではDIY(日曜大工)を行う方が増えているので紹介します。

羽目板は写真のような形状をしていて、壁(外壁)や天井に張られていたりしています。連続して張ることでおしゃれな空間づくりをしたい方に注目されています。


鈴木(伸)さん

「パイナップル 2(その後)」

2022年2月の社員のひとり言にアップしたパイナップルのその後です。

昨年の夏が過ぎ11月にビニールハウスに入れても葉が大きく(直径70㎝~90㎝)なるだけで変化がありませんでしたが、今年の3月中旬に、大きい方の中心部にパイナップル上部の葉っぱのような物が出てきました。これが育てば実が出来ると思います。

パイナップル生長について調べたところ葉を植えてから実が収穫出来るまでは、1年半から2年は、かかるとあり、今年の夏がこの2年ですので順調に育つ事を期待しています。


野本さん

春ですね

陽が長くなるにしたがって、仕事から帰宅後、散歩をしています。

先日散歩の途中でつくしの群生を見つけました。

気候も良くなり、あたたかく、もうすっかり春ですね。


廣瀬さん

収穫

厳しい冬から少しずつ暖かくなってきました。私の家の畑では大根、キャベツ、ブロッコリー、ネギなどが収穫の時期を迎えました。少し前に大寒波が来ましたが、幸いなことに畑にはそこまで影響がなく、無事野菜を収穫することができました。

そろそろ玉ねぎがたくさん採れる頃なので楽しみです。次はトウモロコシの種をまいて苗を育てようと思っています。


黒柳さん

会社概要人材募集個人情報保護方針アクセス方法お問い合わせサイトマップ推奨環境について