建材事業

木材+ 業務案内

日本の住宅の多くは木造で建てられています。木の住まいが人に好まれるのは素材の良さ、香り、調湿作用、断熱性、木目による視覚的な癒しがあるとされています。四季のある日本特有の風土に最も適し、古い歴史の中でも培われてきた伝統技術が今も活かされています。世界最古の木造建築法隆寺の金堂、五重塔は奈良時代、今より1,300年前から地震大国日本においてもその姿を今も残しています。

小原木材は木造住宅を主体とし、自社による設計・施工を行う建築事業と木材・建材を扱う木材・建材事業があり、材料調達、各種木材加工を自社内で一貫して行い、建築施工を行うことができます。

小原木材ではJAS認定を取得しています。JASとは日本農林規格のことであり、厳格な審査・管理を行うことによって木材の安定した品質・性能を保証します。木材は節や木目の流れ、密度など生物材料ならではの特徴により品質に大きなばらつきがありますが、JASに定められた検査を行い区分することで安定した品質の材料を提供することができます。小原木材では岡崎市産材や愛知県産材などを積極的に利用していますが、JAS認定を取得し、安定した品質の地域産材をお客様に提供することで、地域特化型産業に一歩一歩近づいていきます。

森のイラスト

木造住宅はもっとも自然に近く、人に心地よい感覚を与えます。木は様々な加工を施すことにより表情を変え、小原木材では木本来の素材を活かし、お客様に安らぎと癒しをご提供できるよう木のソムリエを目指します。

会社概要個人情報保護方針アクセス方法お問い合わせサイトマップ推奨環境について
Scroll Up