建築事業

住宅、非住宅の設計・施工

小原木材では住宅、非住宅の設計・施工を承っております。


設計するにあたって、小原木材が大切にしていること
「素材」


健康に配慮した安全な壁紙

近年問題になっている「シックハウス症候群」は自然換気が低下した高気密の建物と、建築材料や家具、生活用品から放出するVOC(揮発性有機化合物)による室内空気の汚染が原因と言われています。内装において、最も大きな面積に使用される壁紙は、特に注意を払っています。

地元の気候に適応した材、無垢材

各地域で育った木材などは、その地域の気候条件の中で生きてきたこともあり、その地域での建物には最適な材料となります。木材も建材もその建物に住む人と同じく、自然という大きな環の中でつながり、生きています。小原木材は県内森林の約7割を有する三河地域に位置し、「木」という資源を有意義に利用するため、県内で施工する建物であれば、その地域で育った材をできるだけ用いるようにしています。

地元で採れた材

緑を取り込む

建物に、人に、優しい建材を使うことはもちろん、住む人が穏やかでより豊かな生活が送れるよう、周囲の環境のプランニングやデザインをすることも大切であると考えます。建物にできるだけ緑を取り込んだり、既存の木を残したりという外構計画も合せて行っています。

地元で採れた材

建物づくりの流れ

建て物づくりの流れ

工事のみのご依頼も承っておりますので、ご相談ください。
建築実績ページより自社設計施工物件がご覧いただけます。