社員の独り言

小原木材ってどんな会社?どんな人が働いてるの?このページでは、小原木材スタッフによる日々の出来事などを紹介しています。

過去の独り言
あの人の独り言

謹賀新年

皆さん、新年あけましておめでとうございます。

180109muramatsu1.JPG
1月3日 午前4時の伊勢神宮内宮にて初詣の写真になります。
静寂の中、ゆっくり参拝することができました。
この時間帯であれば、高速道路の伊勢西I.Cの出口封鎖規制にもかかわらず、渋滞もなく、駐車場も「おはらい町通り」の入口に駐車できます。
ただし、午前8時には「おはらい町通り」はこの人混みになります。
180109muramatsu2.jpg
食べ歩きして、赤福買って、昼前には脱出です。
お正月三が日のお伊勢参りはこの時間帯が穴場です。みなさんも宜しかったらどうでしょうか?


村松さん
村松さん

先日、本宮山へハイキングに行きました。
本宮山は豊川市、岡崎市、新城市境に位置している標高800m足らずの山で、山頂付近には砥鹿(とが)神社の奥宮があり、厳かな雰囲気がただよっています。
山頂までは自動車でも行けるのですが、往復8.7kmの道のりを5時間かけてのんびり散策してきました。
山道を登ったり下りたりするのは大変でしたが、遠くに富士山を望むことができたり、自然の中で過ごす時間は気持ちのいいものでした。

171221hirose01.jpg


廣瀬さん
廣瀬さん

ロードバイク

15年程前から始めた趣味のサイクリング。
いつも行くところは、作手を通って三河湖を回るコースと知多湾から伊勢湾を回る知多一周コース(約120㎞)と姫街道を通り浜名湖を一周するコース(約160㎞)が多いです。
作手コースでは、くらがり渓谷のレストランの前で休憩を取り、同じロードバイク仲間と会話し自転車自慢・・・。
「どこまで行った?」「自転車はいくらぐらい?」「年齢は?」などと、会話し楽しいひと時を過ごし、4~5㎞の急な上り坂に挑戦です。
登り終え、下ったら道の駅で食事を摂り、三河湖を通り帰宅し風呂に入り、ビールを飲むことが楽しみです。


土屋さん
土屋さん
12月1日、本日、初出社をしました石川元太郎です。
建材部 木材+に配属されました。営業です。

いちいち名前を申したのは、自己紹介という意味もありますが、
私が入ったことによって建材部には「石川さん」が(自分含め)4人になってしまった!
ということが言いたかったのです。

呼称はフルネームで、と回覧がありました。
ややこしい事態となり、大変恐縮しております。

名前は「元太郎」なのであまり被ったことはありません。
今後ともよろしくお願いいたします!
171202ishikawagen.jpg
石川(元)さん
石川(元)さん

博多旅行

先日、久々の旅行で博多へ遊びに行って来ました。

171130yokoi01.JPG
これは建築家の隈研吾氏がデザインを手がけたスターバックス太宰府天満宮表参道店です。
特徴的で変わった店舗だったので撮影しました。
171130yokoi02.JPG
立ち飲みが並んでいる駅前にて博多を満喫し夜中歩いていたら、次の日(11月14日)の点灯式のため、試験的にイルミネーションが点灯していました。
その間わずか5分程度でしたが、運よく見る事ができ、一足早くイルミネーションを楽しめました。
171130yokoi03.JPG
帰りの飛行機では、下に広がる雲が絨毯のように広がっていて眺めが最高でした。
良い旅行でした!


横井さん
横井さん

北海道の秋

旅行が趣味の倉地です。
以前、北海道に行く機会があり、紅葉の風景の写真を撮ったのでご紹介します。


PA192045編集.JPG
北海道東部の硫黄山周辺の写真です。


PA192052編集.JPG PA202061編集.JPG
こちらは屈斜路湖(1枚目)と摩周湖(2枚目)を展望台から眺めた写真です。

なんと、摩周湖は世界で2番目の透明度を誇る湖だそう!
この時はたまたま晴天に恵まれましたが、霧がかかる事が多く、湖の表情も季節や天候によってガラッと変わることで有名なこともあり、また来たいなぁと思いました。


倉地さん
倉地さん

見つけた

先日社内の木材を探しに、残暑の中倉庫に行きました。

170927mori01.jpg
ふとした発見に癒され、
170927mori02.jpg
「あ♪かわいい~♪♪♪」
と忘れていた乙女の声が出てしまいました。


森さん
森さん

御朱印帳

 御朱印とは、元々寺社に参拝した際に写経した経文を神仏に奉納し、参拝の証しとしてその寺社や本尊の名号を墨書・宝印を頂くことを「納経・朱印」と言っていたことに由来します。今でも納経を必要とする寺社もありますが、現在では納経を省いて参拝の記念として集めている人が多いようです。
 そんな御朱印が最近は若い女性の人気もあり御朱印巡りがより楽しくなる可愛いデザインやカッコイイデザインの御朱印帳も販売されているようです。
 私の母は以前より御朱印帳を持っており、一緒に出掛けたりした時も寺社で書いて頂いたりしているのを何度となく目にしていました。しかし、今までは自分も・・・とは思わなかったのですがこの年代になり持ってみようかなぁと思うようになりました。
 となると、まずは御朱印帳をどこで買おうか?という事ですが、ここはやはり氏神様である「六所神社」にしようと思い散歩しながら出掛けて来ました。思いのほか可愛らしい御朱印帳があり嬉しくなってしまいました(笑)
 今までいろいろな場所を訪れても「ここ行ったことがある」という記憶だけになる事が多かったのですが、御朱印をいただくとその場で墨に筆で書いて頂き日時も入るので自分がその寺社を訪れた事や、その時の自分自身を振り返る記録にもなりそうです。
 これからは御朱印の言葉、その意味や背景を確認してみるのも楽しみのひとつにしたいと思います。

171010sakai01.jpg

171010sakai02.jpg



酒井さん
酒井さん

十五夜

171005obara01.jpg 10月4日は中秋の名月、十五夜でした。
秋の空は、高く澄みきった空に一筋の雲がかかり一層の情景を呼び起こしてくれました。
新月から満月、満月から新月と月の満ち欠けが地球を公転することにより起き、この事が一月二月と月の繰り返しになり日々の生活から少し離れた一時を垣間見ました。

十五夜の続きを読む

小原さん
小原さん

夏の思い出

170905ishikawami01.jpg

小学生の娘たちは夏休みが終わり、元気に学校へ登校しています。世の中の親御さん達はやれやれといった感じでしょうか。アメリカでも同様に、夏休み期間中の負担から解放された親のコメントがSNSで溢れているそうです。夏休み期間中の親の負担は、万国共通のものかもしれませんね。
 自分が子供の頃も、母にめんどうを掛けていたのだなぁと思うと感謝しかありません。子供の頃には感じなかった親の有難みが、自分が親になって初めて分かりました。

夏休みを目一杯満喫している娘たちを見ていると、自分が小学生だった頃と重ねあわせてみることがあります。30年以上昔(この事実に軽い衝撃を受けますが)の事とはいえ、子供の頃の記憶がよみがえってきます。
盆踊りや花火をしたり、プールやラジオ体操に変わったりと、娘たちは昔の自分と変わらないことをしているのですが、おやつの時間に食べるものに変化があります。
スイカやトウモロコシを食べることは変わりませんが、自分が子供の頃は家で採れたものを毎日のように食べていたものが、今ではお店で買って食べています。
毎日のように食べていたのは凍らせたチューペットで、冷凍庫に必ず入っていましたが他のアイスが入っていることはほぼありませんでした。それが今では、ハーゲンダッツ、レディボーデン、パルム、ピノなど、我が家の冷蔵庫は多様なアイスで彩られています。(親優先で食べてはいますが...)
お盆休みにはゴディバの夏季限定チョコレートドリンクのアイスを飲ませたのですが、子供は全く遠慮せず、ダイソンばりの吸引力で飲んでおりました。自分が子供の頃のチューペットとの余りの違いに我が子ながら羨ましく感じました。
子供たちの夏休みを過ごす姿に、自分の子供の頃の思い出を重ねあわせた夏でした。


石川(暢)さん
石川(暢)さん