NEWS & TOPICS

最新のNEWS

過去のNEWS

2020.7.28

夏季休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら弊社では、2020年8月8日(土)~8月16日(日)まで、
夏季休業とさせていただきます。
8月17日(月)から通常業務を開始します。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

  
2020.6.26

あいち認証材CO2貯蔵量認定証

去年に引き続き今年も小原木材が施工した物件があいち認証材CO2貯蔵量認定証をいただきました。「あいち認証材CO2貯蔵量認定制度」は、あいち認証材を使用した建築物や企業などの取り組みにおけるCO2貯蔵量を証明し認定証を交付することで、環境貢献度を「見える化」してあいち認証材の普及啓発及び利用拡大を図る制度です。小原木材では今年は4件の物件が認定証をいただきました。今後も地域産材の積極的な利用を推進していきます。

  
2020.5.29

岡崎市くらがり渓谷の新店舗「YOROZUYA」で当社木工クラフト商品をお買い求めいただけます

岡崎市の奥座敷であるくらがり渓谷入り口に、新しい飲食物販店舗「YOROZUYA」が、5月18日オープンしました。

物販店舗内には、ぬかたブランド品販売コーナーが設置され、当社の木工クラフト商品も展示、販売させていただくこととなりました。

昨年夏から当社で販売している、新しいオリジナルクラフト商品もございます。

街中より少し涼しくて空気が良いくらがり渓谷にお越しいただいた際は、是非「YOROZUYA」にお立ち寄りの上、当社の木工オリジナルクラフト商品手にとっていただきお買い求めくだださい!

また、「YOROZUYA」では各種ドリンクも販売しています。
「レモン豆乳」がとてもおいしくて、おすすめの商品です♪

  
2020.3.23

2020年3月22日 桜城橋開通

当社において5年の歳月をかけ、原木製材から防腐加工、そして現場施工まで一貫して木部の製造施工をさせていただき、開通は待ちに待った日でありました。朝10時からの式典は、岡崎市長はじめ大村愛知県知事等、新型コロナウイルス感染拡大を配慮し、人数も最小限に執り行われました。巾19m、長さ121mのこの橋は、橋上公園として利用され、2021年3月には橋の上にカフェ等の建物が造られ、多くの人で賑わう全国でも珍しい橋となり新しい観光スポットにもなります。是非皆様も12cmの厚みのある桧の路面を歩いてみてはいかがでしょうか。


  
2020.3.19

蓮谷稲荷大祭を執り行いました

3月16日、弊社敷地内の蓮谷稲荷にて、蓮谷稲荷大祭を執り行いました。
弊社社長、役員、社員一同、協力会代表、小原建設土木事業部・機材センターの皆様と共に、今年一年の健康と商売繁盛を祈願いたしました。

  
2020.2.17

SDGsに関する講演会に出席しました

2月7日に開催された講演会「林業・木材産業・建築業とSDGsについて」に出席しました。名古屋大学大学院生命農学研究科の福島和彦教授、山崎真理子准教授より、現在の日本、世界における環境問題、木材を利用した施工事例などの説明を受け、現状の理解や木材に関する知識を高めることができ、木質バイオマス利用がSDGs達成に大きく貢献することを学びました。

  
2020.1.17

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

本年も社員一同力を合わせて仕事に励む所存ですので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

1月6日に協力会社の方々と自社で新年の年賀会を開催いたしました。

今回は温かいラーメンやおでんもあり大好評でした。多くの方々にご参加いただきありがとうございました。

  
2019.12.20

年末年始休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では、下記の通り年末年始の休業とさせていただきます。

来年も本年と変わらぬご愛顧を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
よいお年をお迎えください。

          記

【休業期間】
2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)

【営業開始日】
1月6日(月)から通常通り営業いたします。

 

  
2019.12.9

小原木材工場・桜城橋の見学

12月7日に額田地区PTAの皆様が来社し、「新しい木材の活用方法を調べ、活かし方を知る」をテーマに小原木材の工場と桜城橋を見学しました。

まず小原木材の工場内をまわり、額田地区から伐採された丸太や製材の実演、モルダー機械や防腐注入釜を見学しました。

次に小原社長より、地域産材利用の意義や、地域産材を使った小原木材の建築施工事例などについて紹介しました。

その後桜城橋へ移動し、施工中の橋を見学しました。また、取り付け前のデッキ材の側面にメモリアルサインを行い、思い思いのメッセージを材料へ書き込みました。サインしたデッキ材はその場で取り付けられ、新たな橋の一部となりました。

額田の山から仕入れた丸太が製材加工され、岡崎の市街地で使われるまでの一連の流れを見学していただきました。今後も小原木材では地域産材の積極的利用を目指していきます。

  
2019.11.12

天使の森第五回植樹に参加しました

11月3日に開催された天使の森第五回植樹に小原木材が参加しました。

最初にNPO法人アースワーカーエナジーの理事長でもある小原氏より活動についての説明があった後、グリーンフロント研究所株式会社の小串様より今の日本の森林の現状やなぜ天使の森にどんぐりを植えるかについて講演がありました。

 

その後天使の森へと移動し、植樹を行いました。

 
昼ごはんを山頂で食べた後、第一植樹地の下刈りや道づくりを行いました。

 

山の植樹から会社での地域産材利用まで、小原木材では一貫した木の流れに関わることで、ただ木を使うだけではなく山とのつながりを意識した木材利用を推進します。

  
会社概要個人情報保護方針アクセス方法お問い合わせサイトマップ推奨環境について
Scroll Up