木材・建材事業

製造工程の紹介とご依頼の流れ

小原木材では、製材から人工乾燥、防燃水の注入、仕上げ加工まですべて自社工場で対応しております。 規格品の不燃・準不燃木材から、特注サイズの対応までお気軽にお問い合わせください。

製材から出荷までの流れ

材料検査

製材 注入前に木材一枚ごとの重さと含水率を測定し、含水率が15%以下にあることを確認します。

加圧注入

一次乾燥 注入釜で防燃水を木材の内部まで加圧注入します。

重量検査

加圧注入 注入後に木材一枚ごとの重さを量り、規定量の防燃水が注入されたかをチェックします。

養生

重量検査 約 3 週間、養生を行い防燃水を木材に馴染ませます。

二次乾燥

養生乾燥 養生乾燥した木材をさらに人工乾燥して安定させます。

モルダー加工

二次乾燥 お客様からご注文頂いた形状に加工します。

検査

モルダー加工・サンダー仕上げ 仕上がった木材を認定基準をもとに検品します。

梱包・出荷

検品 製品をダンボール梱包して出荷します。

防燃水注入加工 ご依頼の流れ


1.お問い合わせ 当社営業担当までお気軽にお問い合わせ下さい。

2.ご説明 注入加工に関する諸条件を分かりやすくご説明いたします。

3.お見積もり お預かりする樹種、サイズ、乾燥状況、ボリューム、運搬条件などをお聞きして、 お見積させていただきます。

4.ご契約 ありがとうございます。お支払い方法、梱包形状、納品日などの調整をいたします。

5.納品 お約束した納品場所へ安全に商品をお届けします。