~S邸 vol.1 建前 ~ ASJ岡崎スタジオ便り

お久しぶりの家づくり便りとなります。ASJ岡崎スタジオです。

今回は岡崎市内のS邸について、施工現場をお伝えしていきます。

3月24、25日にS邸の建前が行われました。この「建前」では主要な梁や柱を組み立て、家の骨組みを形作っていきます。短い時間で行わなければならないため、作業人数も多く重機(クレーン)を使った大がかりな作業となります。

sisino001.jpg

通常の戸建住宅では一日で行われる建前ですが、今回は家の規模が比較的大きいため、二日間かけて梁や柱を組み立てました。なお、土台には自社で注入加工した防腐・防蟻木材「タフの木」を使っています。写真は一日目の様子ですが、ちょうど二階部分に取り掛かっています。現場監督が綿密に確認をしながら作業を進めていきます。

sisino002.jpg

sisino003.jpg

一日目の夕方より、お施主様と共に建物の無事を祈願する「上棟式」を執り行いました。

今回の物件は、正面からの印象を意識した屋根の形が特徴となっています。この屋根は建築家・才本清継先生こだわりの屋根となっており、次はこの屋根工事を進めていきます。ひと月後の施工レポートでこちらの屋根についてもお伝えいたしますのでどうぞご期待ください!