社員の独り言

小原木材ってどんな会社?どんな人が働いてるの?このページでは、小原木材スタッフによる日々の出来事などを紹介しています。

最近の独り言
過去の独り言
あの人の独り言

宅建チャレンジ記

思い返せばそれは一昨年(H29)の暮の事でしたが、ふと思い付いて「何か資格を取ろうかな、冥土の土産に。会社でも社員に資格取得を奨励していることだし。それに自分の場合はボケ防止になるかも‥‥。」と考えたのが発端で、その結果年明けから秋までの数カ月の間人知れず四苦八苦する羽目になったわけであります。

まずはターゲットを、“ポピュラーでそこそこ歯ごたえがありそうで、かつ現在の職場にも関係がありそうなもの”ということで「宅建」に定め、とにかく取り掛かろうじゃないのと市販の対策本なども見てみたわけですが、しかし、そういう本だけでは秋までの長丁場を緊張感を持って乗り切れそうにもないなと思い、結局少々費用はかかるものの継続的に勉強を進められる通信教育にしようと考え、インターネット上でたまたま目についた「U-CAN」に申し込んで、いざ勉強開始と相成ったわけであります。

さて、そこから苦節ウン箇月、冬が過ぎ春が過ぎて夏も過ぎ、秋も半ばの10月21日の午後1時、所は本宿の人間環境大学241号室の指定された席に座っている自分が実は何となく不思議に感じられたわけではありますが、それとともに、その部屋に集まった老若男女100名近くの受験者の中で合格者は1割程度かぁというある種の感慨を含め、就職試験以来ほぼ半世紀ぶりの真剣勝負の趣に年甲斐もなくドキドキ・ワクワクの心持ちになったものでありました。

この試験というのが、50問の4択を2時間で解くというもので、多少の余裕を見ると1問あたり2分くらいで片付けないと時間切れアウトとなりかねません。

“択一式ならある意味答えが問題の中に書いてあるんだからそんなに苦労せんだろう”と思うのはとんでもない話で、とにかくヒネリにひねり、引っ掛けに引っ掛けまくった問題ばかりといっても過言ではなく、しかもほとんどは細々とした重箱のスミ的な内容ときては、それこそアイスノンで頭を冷やしながらやらないと若い人はともかくご老体はとても2時間持たないなぁ~というのが実感でした。

悪戦苦闘の末、それでもなんとか時間内に50問をやっつけて退室するころには疲労困憊の体であったことは皆さんにもご想像いただけるのではないでしょうか。

結局、悪運が強かったのか12月5日の発表の日には合格者の受験番号の中に自分の番号を見い出すことが出来たわけですが、正直言って「やれやれ終わったか。助かったぁ。」という心境ではありました。

なにしろこのために相当な時間を費やし努力も重ねましたし、何よりも日々テキストを見ていても淋しいことに少し前に憶えたこともすぐ忘れてしまう有様で、過去問などを解くたびにガッカリしていたあの焦りにも似た気分からやっとオサラバ出来ることになったわけですから。

しかし、何はともあれいろんな意味で相応の充実感は心に残っており、これもまた人生の良き思い出の一つといえるのかもしれません。


柴田さん

会社概要個人情報保護方針アクセス方法お問い合わせサイトマップ推奨環境について
Scroll Up